クラブやボール、ケースなどのグランドゴルフ(グラウンドゴルフ)用品、ゲートボール用品、他シニアスポーツ用品の通販サイト

 
グランドゴルフ用品 ゲートボール用品 パークゴルフ用品 ノルディックウォーク マレットゴルフ レクリエーションゲーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


URLをケータイに送信

 
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業日
 
 
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休業日
 
会社名・団体名での領収書発行可能
 
 
 

ノルディックウォーク初心メガイド
ノルディックウォークとは ノルディックウォークの効果 ノルディックウォークの基本 ポール選びのポイント


ポイント1ノルディックウォークとは

ノルディックウォークは、ヨーロッパは北欧フィンランドにおいてスタートした2本のポールを使ったウォーキングです。
1930年代からフィンランドのクロスカントリー選手の夏場トレーニングの一つとして活用され、1900年代後半からはその手軽さと全身運動効果の高いエクササイズとして注目されはじめ、日本だけでなく世界中で急速に人気が高まっています。

ノルディック・ウォークはこんな方にオススメ!

  • スポーツは苦手だけど運動不足を解消したい人
  • これからウォーキングをはじめようと思っている人
  • シェイプアップや姿勢矯正、美しい歩き方をしたい人
  • ご高齢で体力に自信のない人や腰痛・ひざ痛・股関節痛があり、
    通常の歩行が困難で悩んでいる人
  • リハビリ・介護予防・転倒予防の一環として活用を検討している専門職の人
  • スポーツ選手の体力維持・強化トレーニングを探している人



ノルディックウォークの効果

効果1 消費カロリー約20%アップ!

ノルディックウォーキングは、ポールを後ろへ押し出すように歩くため、上半身の筋肉を活動させます。
また、適正な長さのポールを持つことにより自然に背筋が伸び、歩幅が広がるので、
通常のウォーキングに比べて消費カロリー20%増のエクササイズ効果があります。
ノルディックウォーキングは、効果的な有酸素運動、脂肪燃焼にもつながりますのでダイエットや肥満予防にも効果的です。

効果2 ひざ・腰への負担軽減!

ノルディック・ウォークは両手にポールを持っておこないます。
そのため、歩行時には3点支持・4足歩行の全身運動となり、消費カロリーはアップするのですが、ノルディックポールで体を支えるため、両足(特に腰、膝、足首や関節等)にかかる負担は逆に大きく軽減できます。
高い運動効果がありながら、体感的には楽に感じるのがノルディックウォーキング最大の特徴です。



ノルディックウォークの基本

アグレッシブスタイル 運動強度:強

腕を前に出し、しっかりと肘を伸ばして
斜めにポールを突いている。

腕をしっかりと前に出し、ポールを斜めに突くことにより体を前方に押し出すイメージを持つと良いでしょう。上腕三頭筋に大きな負荷がかかることが理解できるはずです。
慣れてきたらポールを突く角度に合わせて上半身の角度を前方に倒すことで、より一層推進力を得ることが出来、更に運勉強度の強いアスリート向けのポールランニングと発展していきます。

アグレッシブスタイル 運動強度:中

腕を前に出しているが、
肘はやや曲げ気味で同様にポールを斜めに突く。

歩行時に自然に腕を振る中でタイミングを合わせてポールを斜めに突いていきます。
ノルディック・ウォークの最も基本的なスタイルと言え下半身だけでなく上肢を積極的に活用する為、四肢筋肉をバランス良くアップさせることが出来るウォーキングスタイルです。



ディフェンシブスタイル 運動強度:弱

アグレッシブスタイル用ポール売場はこちら
ポールは垂直に突いているが、
肘はやや伸ばし気味でスタンスも広め。

生活習慣病対策や高齢者の健康運動対策、そして関節障害を持たれている方やスポーツ障害のリハビリに至るまで現在、最も活用範囲が広いと言われている安全かつ運動効果を享受できる基本ウォーキングスタイルです。
姿勢矯正にも効果があると言われています。
ポールの扱いに慣れてくれば意識的に腕をしっかりと前に突き出すことにより歩幅も広がり前述(2)の運動と遜色無い運動効果と歩行スピードを得ることも可能です。

ディフェンシブスタイル用ポール売場はこちら
尚、プラス1の手法として 医療現場では、ロコモティブシンドローム対策・呼吸器リハビリ・心臓リハビリ・認知症予防対策や脳梗塞などによって生じる片麻痺の方々に対するリハビリなど、 あらゆる分野でのノルディック・ウォークの活用が進んでいるが、これらに関しては学会会員を中心とするノルディック・ウォークに精通した知識豊富なドクターの 指導の下、オーダーメイドの活用方法が存在する事を理解しておく必要がある。                 

一般社団法人 全日本ノルディック・ウォーク連盟ホームページ 参照




ポール選びのポイント

身長を目安にポールを選びましょう!

ひじを直角に曲げて2cm程度ひじを下げた長さになるように調整してください。
最初は下記の表を目安に選んでみてください。
※使用状況や歩き方、体型により変化しますので、より快適に感じる長さを選択してください。

目安身長×0.63=ポールの長さ
身長 ポールの長さ
150cm前後 90cm
160cm前後 100cm
167cm前後 105cm
175cm前後 110cm
183cm前後 115cm

5お困りの際はお気軽にお問い合わせください

生涯スポーツ応援団では、経験豊富なスタッフが用具選びの
アドバイスやチーム立ち上げ時に必要な用具のご提案を行っております。
ノルディック・ウォーク用品でお困りごとがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。